カ‌ジ‌ノ‌で‌職‌を‌得‌る‌コ‌ツ‌と‌は?‌ ‌

どのようにしてカジノで職を得るのかをご説明する前に、まずは、カジノがどのような場所なのかを知っていただき、その上で、カジノで期待できる職と、それらの職に就くための具体的な方法をご紹介していきたいと思います。

特定の種類のギャンブルを行うことが可能な場所、それがカジノです。ホテルやレストラン、小売店、その他の商業施設がカジノに併設されているのは、よくあることです。スタンドアップコメディ、コンサート、スポーツの試合などのライブ系エンターテイメントがカジノ内で上演・開催されることもあります。

こうしたことを念頭に置くと、ブラックジャックのテーブルでディーラーをするといったこと以外にも数多くの職種がカジノにあるということが容易に想像つくでしょう。カジノに併設されたホテルや小売店での仕事やエンターテイナーなど、いくつもの職種があるわけです。その一方で、自分に最適な職を見つけることは、必ずしも簡単なことではありません。

カジノでの仕事は、一般的に、割の良いものがほとんどです。法的な最低賃金が基本給として設定されている場合もありますが、そうした場合は、たいていお客さんからチップを受け取ることができます。

 

カジノで働くデメリットは、休暇を取ったり、週末休んだりすることが困難な点です。エンターテイメント業界に分類されるカジノは、基本的に一年中営業しています。

面接

ほとんどの職は、カジノの採用ページや派遣会社のウェブサイトから、オンラインで応募可能です。最近はLinkedIn がこれまでにないほどよく用いられているので、まだアカウントをお持ちでなければすぐに作りましょう。

現在募集中の職を見つける最も簡単な方法は、カジノのウェブサイトを確認することです。採用セクションへのリンクは、通常ページの下部に設けれられています。実際に応募する前に、採用条件のすべてを自分が満たしているか確認しましょう。求めている人材と応募内容が合致していれば、カジノの人事部から連絡があります。経営者や業務の責任者は、面接で十分なコミュニケーション能力を示すことができる、自信に満ちた者を採用する傾向にあるので、面接には堂々とした態度で臨みましょう。

必要条件

カジノで職を得るにあたっては、高校卒業以上または、それと同等の資格が必要条件となっていることが一般的です。カジノによっては、ホテル経営やホスピタリティ、会計学などの学位を条件としている場合もあります。海外のカジノで働く場合は、通常、労働許可証を取得しなければなりません。

雇用

カジノには、多様な職種や業務が有り、選択肢に事欠きません。ブラックジャックのディーラー、カクテルの給仕係、警備担当者、カスタマーサービス担当者、キャッシャー、バーテンダー、さらにはカジノ側の立場で賭けを行うサクラの従業員もいます。施設の安全性やゲームの公正さを裏方の立場で支える専門家や、運営全般を統括する経営者も同じくカジノの従業員です。採用やトレーニング、雇用管理は人事部門の担当となります。カジノの広報・宣伝を担当し、より多くの人にカジノが認知されるよう努めるのは、営業・マーケティング部門の仕事です。

優れた経営者や企画者をはじめとして、多くの人材の確保なしには、これほどまでに大規模なカジノ事業を支えることはできません。様々な国で、カジノは非常に数多くの人々に確固とした職を提供し続けているのです。